メイン.jpg

連合自治会館改修計画

以前は団地に牛乳を配る拠点として、生活に欠かせないライフラインであった。学童保育施設など様々な役割を担って50年が経つ。

現在は耐震性という大きな問題に直面している。

団地高齢化が進む一方で首都圏ベットタウンとして子供が多く住むこの場所を、「大学生が地域の子供や高齢者をつなぐ架け橋」となるような場所にリスタートしたい。

建築 | 栖の工房 | 横浜市